よくある質問

パレロワイヤル宮殿をバック 幻想的な「キャンドルナイト」 

お知らせ

■Parisバイヤー:Nami

 キャンドルの炎は見ているだけで癒し効果があるといわれています。2001年、アメリカ・ブッシュ政権のエネルギー政策に反対し、カナダで始まり、以後世界的に展開されているスローライフ・ムーブメント「キャンドルナイト」PARISの「キャンドルナイト」は、どのように受け入れられているのでしょうか?

先日 Paris1区にあるパレロワイヤルの広場で、とってもステキな 「パレロワイヤルをバックにキャンドルナイト」コンサートがありました。ジャクソン5の曲をピアノ ヴァイオリン チェロでアレンジしてのコンサートでした。

 

(コンサート開始夜の20時)

パリの1区にある歴史的建造物パレロワイヤル。現在は文化省や国務院、憲法評議会などが入る建物に、回廊にはブティックが並んでいて、パリの中心にある憩いの場ともなっています。

もともとは、ルイ13世の宰相リシュリューの城館パレ・カルディナル(Palais-Cardinal)でした。ルイ13世の死後、1643年に、当時5歳のルイ14世がルーヴル宮殿から移り住んだことで、パレ・ロワイヤル(王宮)と呼ばれるようになりました。 

王宮をバックに、くれゆく日を 音楽を聴きながらゆったりと 暗くなるのを待つ。

マジックはないのに、「移り行く時間というマジック」にかかったようなステキな夜でした。

(開始から2時間 22時頃。幻想的、ポエティックな雰囲気)

 ぜひ、キャンドルの光に包まれるだけで、心がゆったりとしてきます。皆様も家をすこ~し暗くして梅雨の夜、夏の夜をキャンドルとともに楽しんでいただきたいと思います。弊社扱いのキャンドルはさらに香り豊かものばかり。

しかも!現在弊社のオンラインショップでは、期間限定で、フレグランスフェアを行っています。

【香りの暮らしフェア 20%OFF 6/16(金)~6/30(金)】

-世界を旅するフレグランス-  

梅雨入り宣言に少しずつ出不精になってきている今日この頃。部屋を片付け、お家時間を充実させたい!とお考えの皆さまも多いのではないでしょうか?
きれいに整った自宅なら、知人友人を招いてみるのもいいなぁ...なんて想像が膨らみます。新生活にも慣れ、連休明けの忙しさから抜け出しほっと一息。

ゆったり時間をキャンドルとともに、
または、
キャンドルで優しい炎と香りで整った家に、遊びに行きたい家、招きたい家
そこで、今日オススメは、6月30日まで20%になっているキャンドルをご紹介します。
GEODESIS(ジェオデジス)社
フランスブルターニュで丁寧に作られている質の高いミネラルワックス、ベジタブルワックスを使用したキャンドル。
20年以上の製造経験から、しっかり芳香するキャンドルに仕上があった
上質の香りが漂う大人のキャンドルです。

夢と感動を詰め込んだ、
素晴らしい'香りの旅'をあなたに

香りの暮らしフェア20%OFF  
¥5,500(税込)  ⇒ ¥4,400(税込)
たまに、ちょっとたちどまって、何も考えない時間って必要ですよね。キャンドルの炎をみながら、頭を空っぽにする時間を、あえて作ってみませんか?

 

 

今回紹介されたアイテムの詳細は、下記からチェック!

商品をさらに詳しく知りたい方&お取り扱いなど、 雑誌掲載などのお問合せは、お気軽に以下までお問い合わせください

新着のお知らせ

お知らせを新着順で見る

新着の読み物

読み物を新着順で見る