よくある質問

common good(コモングッド)

ブランド概要

common good(コモングッド)は、一度使っただけで捨ててしまうプラスチック容器ごみの量を減らすために、2011年にアメリカのニューヨーク・ブルックリンで始まりました。
プラスチック容器をたった一度使用し、洗い、リサイクルしてまた別の容器に変えたり、ごみとして埋め立てたり焼却したりすることが、果たして誰にもでも優しい選択なのか疑問を抱きました。

そこで、私たちは考えました。中身を詰め替えながらひとつのボトルを繰り返し繰り返し使っていくのはどうかと。そのために、シンプルかつ美しいデザインを採用し、長く愛用できるボトルを提供しています。
現在、詰め替えができるリフィルステーションを世界中に広めることに力を注いでいます。また、今後も、使い捨てプラスチックの代わりとなる手段を提案し続けていきます。

つくり手のお話

創業者は、2児の母であり、元スタイリストのSacha Dunn氏。オーストラリア出身の彼女は、アメリカへ移住した際、毎日使うホームケア用品のひとりの親として、市場に出ている洗剤に含まれる成分に悩まされていました。

ヒトにも地球にも優しい生分解性の高い成分を使用した製品作りを行っています。

コモングッドのこだわり

  • POINT 01

    商品に使用している全ての原料を公開し、誰もが安心してお使いになれる製品を目指しています。

  • POINT 02

    エッセンシャルオイルのみを使用し、人工香料を一切使用しておりません。

  • POINT 03

    肌への刺激が強いとされている硫酸系洗浄成分・パラベン・プラス酸エステルを使用しておりません。

  • POINT 04

    Leaping Bunny認証を取得し、使用している原料全て動物実験を行っておりません。

シリーズ一覧